間違えからのラッキー!完全英語環境のアリススプリングス

オーストラリア アリススプリングス




こんにちは!オーストラリアでワーホリ、ファームを終えた美容師YUKIです。

現在アリススプリングスです。

まさかで流れ着いたアリススプリングス
セカンドビザを取って、次の地へ! – 美容師だって旅したい☆

しかし5日で仕事ゲット
アリススプリングスでの就職活動 – 美容師だって旅したい☆

実際ウルルよりアリススプリングスの方が良かった!

ウルルに住むとなると

私の契約していたオプタスの携帯は使えないとのこと。
テラストラに変えなければだし、WiFiもあまりない。
スーパーも高いIGAのみ。
働いてるのは、ほぼ日本人と韓国人のみ。
ウルルの麓って訳ではないし、ほかになにもない。 という前情報。

アリススプリングスで住むと

一方到着後アリススプリングスの町を歩いてみて、
アジア人があんまりいない!オプタスも繋がるし、街中にフリーWiFiもある。
ウールワース・コールスがあり、図書館や映画館もありました!

しかも時給もいい!

職場はほぼ韓国人

決まったホテルの仕事場は、マネージャーとスタッフほぼ韓国人と香港人のコ一人と私。なので朝礼では韓国語と英語でしたw
たまに話すレセプションの人やオーナーは、ほぼオージー。

住むところは シェアハウス?バックパッカー?

f:id:yuki19870925:20170612060154j:image

最初にたどり着いたバックパッカーは、10人くらいは長期滞在の人が暮らしていました。アジア人は0。
オージーやイングリッシュといったネイティヴも滞在中。
シェアハウスを探したところ、意外と高い!そして台湾人シェアハウス、韓国人シェアハウス、といったアジア系の国籍別のシェアハウスしか見つけられませんでした。

完全英語環境、そしてたまーに来る日本人のバックパッカーの人と話せたりもするので(みんな1泊で次のツアーへ)そのままバックパッカーに住み続けました。
ついでに朝食、トーストとコーヒー紅茶付!

アリススプリングスに、日本人は10人。

街でも滅多に日本人を見ないため、完全に油断していた私。
スーパーで、「あ、お肉安いー」とか独り言を呟いたら、←
「日本人の方ですか?」
びっくりし過ぎて「あぁぁぁハイ」とかなってましたw
少し話して、ホテルで働いている、日本人と韓国人が住んでいるワーカーズハウスがある、ということが発覚。
しかし軽く話して、自己紹介も連絡先交換等もすることなく ではとお別れ。
私も、日本人のコミニュティに入ろうという気はありませんでした。

(追記:私がアリススプリングスを去ったあとに、稼げる!とどなたかがブログで書かれて、2017年現在日本人や中国人などアジア人がまぁまぁいるようです。)

f:id:yuki19870925:20170612060333j:image

たまに辛い完全英語環境

個別に話せばまぁまぁ分かっても、みんなで話すとスピードに全然ついていけず。
また、元々パリピでない私はノリが合わないことが多い…。
理解出来ても、それの何がそんなに面白いの?ということも多々。
それでも、そんなにパリピじゃない人と過ごしたり、
一人旅で泊まっている人(日本人に限らず)と話したりしていました☺︎

やっぱり増えるアジア人友達

決してネガティヴではなく!そのうち部屋に韓国人のコがきて、バッパーのハウスキーパーに台湾人の子が来て、職場の人とも仲良くなり、
遊びに行くのが台湾人シェアハウスやコリアンシェアハウスになりました。
やっぱりアジア人の英語の方が聞き取り安いし、なによりも感覚が合う!
面白いもの、味覚などなど☺︎

f:id:yuki19870925:20170612060416j:image

それでも、願ってもみなかった完全英語環境!

ここでだいぶいろんな意味で鍛えられたと思います。

まさかの場所間違えから…やっぱり私はラッキーガール!♪

f:id:yuki19870925:20170612060728j:image








オーストラリア アリススプリングス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

yuki

1987年生。埼玉出身。 早稲田美容専門学校卒業。 代官山のサロンで4年勤めたのち委託サロンへ。3年間仕事と旅を両立。 2015年 フィリピン セブ語学留学後、ワーキングホリデースタート。 現在海外生活3年目。 2017年後半旅再開、2018年日本で美容師に戻る予定。