ワーホリ最初にファームがオススメな訳。




こんにちは!
オーストラリアでワーホリ タリーでファーム中の美容師YUKIです!

オーストラリア到着日にファームへ行く人も珍しいと思いますが…

どうして私が最初にファームで働くことを選んだか

最初に田舎生活をしておけば、生活環境は良くなるしかない

f:id:yuki19870925:20170527191325j:image

やっぱり東京暮らしだった女子としては、
ファームで農作業…?家はキレイ? 田舎ってどんなもん?あたしが暮らせる?

と色々不安だと思います。不安でした。
実際、「田舎とか農作業とかムリだからセカンド諦めた」って話も聞いたくらい。なので、最初に行っておけば「オーストラリアはこんな感じ」という認識で行けるんじゃないかと。

人が優しい

f:id:yuki19870925:20170527191410j:image

どこの国でも、都会の人は冷たく、田舎の人のほうが優しいって聞きますよね。
オージー訛りはすごいって話も聞きましたが、元々そんなにない英語力。
オージーEnglishはこんな感じ、で頑張って聞き取りますし、会話も優しい人との方が成り立ちます。

実際、シドニーから来た人はスーパーで買い物しただけで優しい!って感動してました。
そんな特別愛想よかった訳でもなく、「Hi how re you?」って高校生のバイトのコが言ってくれただけ。
最初の地がココの私としては、「海外だから普通」くらいに思っていました。

ファーストビザのリミットを気にする必要がない。

「あと4ヶ月しかないんだ…」という人、結構いました。
そうすると、すぐ見つからないと移動するか?でも移動した先でもあるか?
と結構焦るしストレスです。
普通に、リミット関係ない私でも決まらないー!と焦ったので、リミットある人は相当だったと思います。
ゲットしても不作だったりなんだりで、キッチリ3ヶ月で取れるとは限りません。

その後の仕事ゲットが有利。

f:id:yuki19870925:20170527191618j:image

特にシティジョブ、ローカルジョブでは、残りのビザ期限は重要です。
最初も、ビザが丸々1年ありますから有利ですが、
ファームのあとなら翌年も働けます。
また、”1雇用主の元で最高6ヵ月働ける” のは ”1年のうちで” なので
セカンドビザを持っていればそこで12ヵ月働けるのです。
これは面接の時に大きなセールスポイントになると思います。
ローカルが雇ってくれない一番のネックは、ワーホリは長く働けないからだそうです。

追記 : 実際すべてがそうでした!

そして、自分がいたタリーがオススメの訳はこちら☺︎

タリーがオススメの訳。 – 美容師だって旅したい☆

 








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

yuki

1987年生。埼玉出身。 早稲田美容専門学校卒業。 代官山のサロンで4年勤めたのち委託サロンへ。3年間仕事と旅を両立。 2015年 フィリピン セブ語学留学後、ワーキングホリデースタート。 現在海外生活3年目。 2017年後半旅再開、2018年日本で美容師に戻る予定。