バックパッカーにもリゾートとしても オススメのタイ クラビ!プラナンビーチとライレイビーチの行き方。クライミングと温泉も!




バックパッカーに人気のクラビ。パリピの街かなと思っていましたがそんなことありませんでした!

アオナンビーチ、プラナンビーチ、ライレイビーチ。

クラビは意外と広く、よく言われている「クラビ」はおそらくアオナンビーチのこと。ビーチの前はお土産屋や飲食店が並び、バックパッカー宿もリゾート宿も多くあります。観光地のため、店は夜遅くまで開いていて、治安も悪くありません。ナイトマーケットは後述のクラビシティであります。テンソウで行くことができます。

ピピ島やプーケット、他の島々へ渡るフェリーの発着もここアオナンビーチから。
ライレイビーチもアオナンビーチから行きます(100バーツ)。そしてライレイビーチから更にフェリーで行けるのがプラナンビーチです!
ライレイビーチもリゾート宿があります。

プラナンビーチはライレイビーチから陸続き。
アオナンからの船の発着そして泳げるのはウエスト ライレイビーチ。プラナンビーチは山の裏っ側にあるため、フェリーで行くか、歩いて行くこともできます!

木の生い茂るジャングルの中を行くか、イースト ライレイビーチへ行き、鍾乳洞を通って行くこともできます!

アオナンからのアイランドホッピングツアーでも来れるようですが、個人で行ってのんびりするのがオススメです!
なんとリペ島より透明度高いかも!でもこちらの方が人は多いです。。
こちらも砂浜がキレイなのでお魚はあんまり。ただところどころ死んでしまったサンゴの岩があったので、昔は魚もいたのかもしれません。

そう思うと沖縄など浅瀬でサンゴとお魚を観れるところって貴重で努力してるんだな〜と思います!





節約型にはクラビシティ滞在もオススメ!ナイトマーケットもこちら。

こちらはアオナンビーチとはうって変わって寂れた田舎町という感じ。笑 静かなほうが好きな人にオススメ。スーパー、セブンイレブンもあります。

ご飯は40バーツ〜。宿はファン付き個室1000円〜。アオナンビーチへのテンソウ(乗り合いバス)は50バーツ。
アオナンではご飯は100バーツ〜。宿は3000円〜なのでテンソウ代を入れてもお得!

金土日にはナイトマーケットもあり、そのためにアオナンから来てる方もいました。

クラビシティからダイレクトにプラナンビーチへも

クラビシティの港からもフェリーは出ています。ただし8人以上いないと出発しないので、朝9時に行きましょう。乗船時間も少し長めで150バーツ。マングローブの川?海を通っていきます。イースト ライレイビーチ着。

往復を勧められますが、片道にして帰りはアオナンビーチで夕陽を見て、テンソウで帰るのがオススメです。

クラビシティへ帰る便は5時が最終。恐らく始発、最終便でないとなかなか人が集まらないのでご注意。アオナン発着は人が多いので心配無用です。

 

海だけじゃない!そもそもクライミングが有名なクラビ

ビーチから海を見ると、大きな岩?崖が美しいクラビ。ライレイビーチでは初心者でも本場のロッククライミングが出来るようです。ただし登っている時もアドバイスをくれますが全て英語。海外では比較的自己責任なので、くれぐれもお気をつけ下さい!

それだけじゃない!タイで温泉とエメラルドプール!

元々は友人のインスタをみてここに行きたかったクラビ。
シティから1時間ほどかかるため、テンソウなどはないようです。

行き方は、バイクを借りる(250バーツ〜)、タクシーチャーター(2000バーツ〜?)、ツアー(900バーツ〜?)のいずれか。

ツアーだと同じ時間に混みすぎて楽しめないという情報をみたので、私は断念しました…(T ^ T)

どんな人でも楽しめるクラビ!

ピピ島へのシュノーケルツアーは1900バーツ〜。アイランドホッピングツアーが1000バーツ〜。個人でピピ島へ行くのは片道300バーツ〜。

いいホテルに泊まってツアーを組んでも、タイなのでハワイや沖縄に行くより?安いでしょう!日本〜プーケット〜ピピ島〜クラビ〜飛行機でプーケットかバンコク〜日本という旅もいかがでしょう?

バックパッカーには言わずもがな人気の場所ですね!

ABOUTこの記事をかいた人

yuki

1987年生。埼玉出身。早稲田美容専門学校卒業。 美容師として20歳で就職してから、現実逃避に国内1泊旅行にハマり、人生の夏休みとして24歳でピースボートの船旅にて3ヵ月で世界一周。それから仕事と旅を繰り返し、海外生活に憧れ留学・ワーキングホリデーまた旅という20代を過ごし、30歳を機に帰国。浅草にカット専門店美容室×海外輸入雑貨屋さんMr.Sugar cut&standをオープン。