ワーホリ初日に噂のタリーのバナナファームへ!到着編




はじめまして!オーストラリアでワーホリ開始した、美容師YUKI です!

ワーホリ開始!初日に噂のタリーのバナナファームへ!オーストラリア着後の出来事。の続きです!

 

いよいよファームのあるタリーへ!

無事に携帯を買えて両替もして、いざバスへ乗りタリーへ!
Greyhound のオンラインで予約済み。
2時間半ほど揺られて、到着!

 

街の中心はどちら?

な、なにもない…笑
事前情報によると、町の中心のお店がある通りは1本ですぐわかるとのこと。
さて、右?左?うしろ?正解はバスの向きに立って右、この長靴の方でした!
まずは宿探し。キャラバン?タリホ?バラックス?
キャラバン(キャラバンパーク)なら、予約ナシでもイケると聞いてたけど、
とりあえず、バラックス(バナナバラックス)に行ってみることに。
ここは人気で事前にメールで予約しようとしたらいっぱいと言われていましたが、たまに入れることもあるとも聞いていたので突撃。いっぱいでした。
そこで会った日本人の女の子2人と
タリホ(タリーホテル)も行ってみたかったので、行ってみることに。
受付らしきとこは閉まってる…。
そのとき夕方4時。閉まる時間?
そしてまさかの、その女子2人はもうケアンズ戻ろうかなと言ってる。1時間前に着いたばかりなのに!
そして別れ、どうしようと思ってると、
スペイン人の男の子がきて、聞くと
「タリホのことはわかんないけど、俺キャラバン住んでるから一緒に行く?」と。
ということで、結局キャラバンへ行きました。






 

初体験、知らないコと同じべット

男の子とはわかれ、受付けにて、部屋は安い部屋で。
部屋を開けたら、キングベット一つと散らかった荷物。
え、ほんとにここ?と思って受付戻ったらもう閉まってる(´Д` )
ギリギリだったのか…と思い部屋に戻り荷物整理してたら、
部屋のコが帰ってきました!
あっちもビックリ。フランス人の女の子でした。
でも約束があるってすぐ出て行って、夜は帰って来ませんでした。。
そして次の日は帰って来て、一緒に寝ました。w

 

初体験、寒くて眠れない

ということで初日は一人でおやすみなさい。
が、このキルティングのベットカバー?のみ。
ブラウンケットとかない!そして意外と冷えてきた!
ケアンズって冬でもあったかいんじゃないのと思いつつ、
少し厚手の服を着て、バスタオルとかかけて寝たけど…寒い!!
ありったけの、まさかのビニール袋までかけて寝ました…。

という初日でした。
お付き合い頂きありがとうございました。
初日から濃過ぎる…。いろんな人に会って、助けられて。
とりあえず布団買いに行かなくちゃ…


キッチンwith卓球台。外の共同スペースです。

 

追記

なんと次の日、出会った友達にブラウンケット貰えました!
そして3日目にフランス人の子はシェアハウスに移ると出て行き、
4日目昼間部屋に戻ると、ベットが2段ベットに変わってました!
いろいろと、告知はないんですね…。
通常キャラバンの一番安い部屋2人部屋は、2段ベットです!
そして寝具はありません。
あとの2つがタリー唯一のバッパー。

バッパーの詳細は
いろんなブログで紹介されているので検索して下さい!

仕事の見つけ方はタリーでのバナナの仕事の探し方

ABOUTこの記事をかいた人

yuki

1987年生。埼玉出身。早稲田美容専門学校卒業。 美容師として20歳で就職してから、現実逃避に国内1泊旅行にハマり、人生の夏休みとして24歳でピースボートの船旅にて3ヵ月で世界一周。それから仕事と旅を繰り返し、海外生活に憧れ留学・ワーキングホリデーまた旅という20代を過ごし、30歳を機に帰国。浅草にカット専門店美容室×海外輸入雑貨屋さんMr.Sugar cut&standをオープン。